医師転職サポートガイド!プライベートも充実した生活をおくるために。

医師として仕事を大切にするだけではなく、プライベートも大切にする人生をおくるためには、
    良い病院に巡り会い、そこで働くことが重要課題となります。

TOP 医師求人 医師求人:医師の年収について

医師求人:医師の年収項目

  1. 医師求人:医師の年収について
  2. 麻酔科の医師求人がおすすめ
  3. 医師求人を賢く利用して産業医に
  4. 整形外科の医師求人に必要な資格
  5. 情報ツールが活用できる医師求人
  6. さまざまな募集がされている医師求人
  7. 医師求人・雇用形態・収入について

医師求人:医師の年収について

一般的に医師の年収は他の職業と比べても高い物とされており、その平均は約1100万円代となっています。しかし医師の年収は何処で勤務するかによって大きく変わっていきます。

また勤務地の差ですが一番高い地域である長崎県と一番低い地域である東京都の差が約1000万円程もあるのです。

これは一番高い地域である長崎県には離島等が多い為に島で働く医師が不足しているという事情が、逆に一番低い地域である東京都では一般的な病院よりも給料が低く設定されている大学病院の数が多いからという事情がそれぞれ関係しているからです。

以上の事から医師求人は何処で働くのかで決めるというのも1つの大きな手であるのです。

麻酔科の医師求人がおすすめ

麻酔科の医師求人の魅力として、勤務時間が固定的であることや、家庭生活との両立ができること等が挙げられまます。最近では、このような診療科目の医師の働き方について、様々な媒体で紹介されることがありますが、短期間のうちに便利な情報を集めることが望ましいといえます。

また、医師求人の申込み方法に関しては、各地の医療機関の担当者の方針に左右されることがあるため、積極的に問い合わせをすることが良いでしょう。その他、魅力的な医師求人の選び方について迷っていることがあれば、友人や知人などに相談をすることも有効です。

医師求人に関するコラム

医師求人を賢く利用して産業医に

企業は労働安全衛生法を遵守しなければならないので、一定の労働者を雇っているところでは産業医を置く必要があります。そのため多くの企業でこの仕事の担い手の募集をしていますが、企業の数は沢山あるので働き手の数が足らずに困っている企業が沢山あります。

ただ最近ではこの仕事に関心を持つ医師が増えていますが、どのように探せば良いか分からずに困っている人がけっこういます。その場合には医師求人を上手く利用するのが良く、それによって希望する企業で産業医として働くチャンスが大きくなります。ですからどうしてもこの仕事をしたいのであれば医師求人を賢く利用するのが良いです。

メニュー

医師転職サポートガイド!home 医師求人 医師転職 医師転職活動 医師転職 医師アルバイト 精神科の医師求人 医師求人精神科 医師転職と看護師 医師求人内科 医師アルバイト 医師バイト

医師転職サポートガイド!プライベートも充実した生活をおくるために~では医師求人や医師転職サポートに着目したサイトとなっています。当サイトへのお問い合わせ、ご質問等はこちら

整形外科の医師求人に必要な資格

整形外科とは骨や神経、軟骨などの運動器官の疾患や外傷の治療、研究を行います。医師求人に応募するためには、医師国家試験に合格して医師免許の取得が必須です。

大学の医学部で6年、教育を受けることで医師免許を取得できますが専門医となるためには医師になってから更に6年間研修を受け、専門医師試験に受かる必要があります。論文や学会発表など日本整形外科学会の作成した研修ガイドラインをクリアすることで医師求人に必要な資格が得られます。目標の職業までの道のりは長いですが、この診療科目は内科についで患者数が多いとされ需要は高いでしょう。

情報ツールが活用できる医師求人

インターネットでの求人サイトや求人情報誌には、医師求人の募集情報が掲載される場面も多く見受けられるようになりました。

これまで、他の業種に比べて探しにくいとされていた医療業界の情報は、専門的に取り扱われている検索サイトなどの存在によって、幅広く取り上げられるようになっています。

医師としての資格を有する方が求職活動をおこなう場合、必要とされる資格や取り扱う診療項目など、医療施設によって違うということを把握しておくことも大切です。希望内容に合わせた仕事探しが勧められるほか、時間や場所を問わず利用できます。

さまざまな募集がされている医師求人

さまざまな募集がされている医師求人については、医師不足がされている病院などを中心として、さまざまな場所で医師募集されていることがあげられます。

また、これからの日本においては超高齢化社会になっていくことがあげられますので、そのようなことを考えて医師募集をおこなっている医療機関は多いようです。

医師においても、そのようなことを考えてスキルアップを図る医師も多いようですので、しっかりとしたマッチチングが病院側と実現する可能性も高いことが言えるでしょう。医療機関の他にも、ご年配が多いような施設での募集もありますので、合わせて確認しておくことをお勧めします。

医師求人・雇用形態・収入について

医師求人の情報をインターネットを通じて調べました。その結果、感じた事は雇用形態の幅広さと各市町村などにより収入のばらつきがあると言う事です。

まずはじめに雇用形態の幅広さについてですが、常勤医師、非常勤医師、アルバイト医師などによるものです。現在、日本では数多くの病院がある中、医師は必要人材である為、いくつもの雇用形態があることに対し賛成です。また、首都圏と地方では収入の差額に500万円近くになる現状です。医師求人をかけた際に収入が高いところに集まってしまい、低いところへ集まらなくなる問題が発生する可能性があります。そのため、賃金を統一する必要があると考えます。