医師転職サポートガイド!プライベートも充実した生活をおくるために。

医師として仕事を大切にするだけではなく、プライベートも大切にする人生をおくるためには、
    良い病院に巡り会い、そこで働くことが重要課題となります。

TOP 希望する年収と医師転職

項目

  1. 希望する年収と医師転職
  2. 老健施設の医師転職の求人を探そう
  3. 四国に医師転職する際の注意とメリット
  4. 総合内科に医師転職する場合のスキルについて
  5. 会社の産業医としての医師転職について
  6. 医師転職で焦ってはいけない理由とは
  7. 医師転職を成功させる
  8. 開業準備の医師転職について
  9. 医師不足解決、働き方改善に向けた医師転職
  10. 医師転職で医局を辞める時の注意点について

希望する年収と医師転職

以前、医師として仕事をしている人であれば、次に働く職場ではだいたいどのくらいの年収を得たいという希望を抱いている人もいるでしょう。やはり、仕事をするからには年収も大事ですね。

しかし、医師転職における面接の場面などで年収の事はなかなか聞けない事もありますね。あまり年収の事ばかり聞いてしまうと、本当にきちんと仕事をしてくれるのかな、という不安を病院のスタッフが抱いてしまう事もあります。

年収というのは医師転職において大事な事ですので、面接の場面で病院のスタッフに直接話を持ちかけるのではなくて、できれば事前にコンサルタントとその件について話をして進めていくといいかもしれません。

産業医に強い医師求人、転職エージェントの中堅日本メディカルコネクション。医師求人情報。

老健施設の医師転職の求人を探そう

老健施設の医療スタッフの働き方については、様々な情報誌などで詳しく紹介されることがあり、現在のところ医師転職を志す人の間で注目度が高まっています。

特に、医師転職の受け入れ態勢が整っている施設の選び方については、ある程度の知識や経験が必要となることがあるため、同年代の成功者のアドバイスを積極的に参考にすることが良いでしょう。

また、老健施設の仕事内容や勤務条件に関しては、それぞれの施設の経営者の判断によって、大きく左右されることがあり、地道に求人の内容をチェックすることが重要な課題として位置付けられています。

四国に医師転職する際の注意とメリット

四国は本州に比べ病院が少なく、高度医療がなかなか受けられないという印象を持っている人も少なくありません。医師の中にもこの地域で勤務することは自分の技術の向上にとってマイナスになると考え敬遠する人も多いのですが、現在では全くそのようなことはないばかりか、逆に医師転職の場所としては非常に有利な場所として注目されています。

その理由は、地域医療の改革が進み、地方の医療体制が国をあげて強化されているからです。四国にも高度医療が受けられる病院が次々と設立されており、この地域に医師転職することは最先端の医療を学べる場所として有意義であると評価されています。

総合内科に医師転職する場合のスキルについて

医師転職を行う際に最も人気の高いのは内科です。中でも総合内科は簡単な問診と触診を行い投薬を行うという簡単な診察のみで済むことが多いと思われるため、非常に人気が高く、特に大卒の新人医師の希望の高い医療科でもあります。

しかし、総合内科は医療科の中でも非常に重要なものです。多くの患者が体調が悪いと訪れ、自分が何の病気であるかを判断してもらうために受診することが多い医療科です。そのためこの医療科に於いては医学全般の知識が必要になるのです。その為、医師転職を行ってからその学習量の多さと必要な知識の量に驚いてしまうという人も少なくありません。

会社の産業医としての医師転職について

医師転職の中には、会社などの一般企業内で産業医としての勤務を希望するものがあります。就業形態や給与体制は、社員としての扱いになります。主には、総務の一部署に属し、従業員の健康管理を担当することになりますが、定期健康診断の実施、職場内での怪我の応急処置、メンタル面を含んだ健康相談など所掌範囲は様々です。

何よりも社員ひとりひとりが健康でいられることが会社の発展につながることでもありますので、全社で健康に対する意識改革に臨む意気込みが必要になります。そのためには、トップから新人に至るまで対応できるコミュニケーション能力が医師転職時に求められます。

医師転職で焦ってはいけない理由とは

医師の方も現状に不満を抱いている方が決して少なくないはずです。不満があるのであれば医師転職をするべきです。医師も人材が不足しているので、十分チャンスがあると言えます。そこで、一つアドバイスがあります。それは焦って転職先を決めないことになります。

焦っていけない理由は、妥協してしまい医師転職前とあまり待遇面や労働環境が変わらないところを選んでしまう可能性があるからです。

せっかく医師転職をするのであれば、高収入で働きやすい環境が整っている職場を選ぶべきなので、ゆっくり自分に適した転職先なのかを見極めることが重要です。

医師転職を成功させる

医師転職を成功させることについては、豊富な情報をリサーチすることでしょう。豊富な情報についてはインターネットで得ることができますので、忙しい医師であってもリサーチをしやすいでしょう。また、医療用のキャリアコンサルタントやエージェンシーなどを利用することで、いち早くより良い情報を得ることができるでしょう。

医療求人によっては非常に人気の高いような求人も存在しますので、そのような求人を希望する場合には素早く対応することが必要となることでしょう。さまざまなサイトがありますので、まずは一通り確認してみましょう。

開業準備の医師転職について

医者が転職をおこなうようなパターンにおいては、さまざまな理由があります。その一つとして開業をあげることができます。

開業については医師としての技能はもちろんのこと、そのほかにも病院の経営力が問われることとなります。経営については病院や医療機関などによって、まちまちであります。そのことから医師の中には、開業準備を目的として医師転職をおこなうような人もいるようです。

目的の病院に就けることで、病院の経営状態も手に取るようにわかるようになりますので、非常に良い勉強にもなることでしょう。このように医師転職の動機はさまざまなようです。

医師不足解決、働き方改善に向けた医師転職

問題となっている医師不足ですが、実際にはどれくらいの医師がいるのでしょうか。

国が調べた情報によると、平成28年までにおける全国の届出医師数は、およそ30万人を超えていて、そのうちの約8割が男性、残り約2割が女性となっているそうです。これだけの医師がいるとかなり多いように感じますが、それでも解消しない医師不足問題の対策として、医師の働き方改善が言われつつあります。

働く人なら誰でも、勤務時間や勤務地、残業や休日出勤、給料などは気になって当然でしょう。医師も例外ではなく、希望する条件での医師転職を支援するサービスもあり、医師不足や働き方改善の力になってくれそうです。

医師転職で医局を辞める時の注意点について

医師転職は、専門分野であるために一般的な仕事と比べて引き継ぎに時間がかかることが多く、一筋縄ではいきません。医局人事に関して悩みを抱える人も多く、数年単位での突然の異動や、希望とかけ離れた異動を命じられることに疲弊してしまうケースもあるようです。

医局を辞める際は引き継ぎに時間がかかるため、一般的な仕事なら1ヶ月前に退職意思を伝えれば問題ないと言われていますが、医局の場合は、次が決まっていなくても、半年から一年前に退局の意思を伝えておいた方が良いとされています。また、辞めた後も連絡を絶ってしまうのでなく、自分の仕事を引き継いでくれた医師に定期的に連絡を取り、アドバイスすると円満にことが進みます。

医師転職に関連するコラム

メニュー

医師転職サポートガイド!home 医師転職 医師転職活動 医師転職 医師アルバイト 医師求人 精神科の医師求人 医師求人精神科 医師転職と看護師 医師求人内科 医師アルバイト 医師バイト

医師転職サポートガイド!プライベートも充実した生活をおくるために~では医師求人や医師転職サポートに着目したサイトとなっています。当サイトへのお問い合わせ、ご質問等はこちら